2018年03月24日

歳?

本日、仕事でちょっと走らなければならなくなりまして。
都合、600mぐらいだったと思うのですが。

全力疾走じゃねーのに、激しく息切れとか。
しかもそんなに暑くなかったのに汗だくとか。

今年で製造から35年なのですが、ワシ。
鉄道車両ならば「引退」「更新」の2文字がチラつく頃でございますが。
人間はそうはいきませんわな。

出来れば、「地方で第2の人生」とか。
それなら人間でも出来そうですが、今のところその考えはワシにはありません。

…こんなんじゃ、1年後すら先が思いやられますわ。
元気に旅行とか行けんのかな、こんなんで…?
    • 0 Comment |
2018年03月15日

こっちの初詣がまだだった。

今日は、お休み。
ならば、というわけではございませんが、都心に出かけましょう。
って、昨日は昨日で出かけていたのですがね(ぉ

今日は、まず秋葉原へ。
上野で銀座線に乗り換えて末広町へ。
初めて来たわけではございませんが、リニューアルが終わった上野駅は、非常にきれいですね。
リニューアルを告知するサイトでもアナウンスされていましたが、今まで線路の間にあった「電車が参ります」の看板が、渋谷方面のホームの壁に展示されておりまして。
それ、今まで看板だけ設置してあるのかと思っていたのですが、電車の接近と同時に点滅するようになっていたのですね。
ちなみに、今までのそれをブラッシュアップする形で、線間の柱にはLEDのランプが。
電車が接近すると、渋谷方面ならば浅草方から渋谷方へランプが一つずつ点灯していくようになったようです。

末広町着。
こちらも、出入り口のリニューアルが終わっていたようで、直接JR秋葉原駅に近いエリアに出入りできるようになっておりました。

秋葉原での用事を済ませて、山手線に乗り込み有楽町へ。
こちら、今年初めてなんですよ。ワシとしたことが。

有楽町は、もちろん「有楽町」へ。
Mealからの散財は言うまでもなく。
しかも、今日から良品週間でございますw

有楽町からは、JR乗り継いで帰還しました。

あー、明日も休みだったら上野で飲んで帰ってきても良かったかもな。
…あ! 交通会館のスタフラのアンテナショップ寄ってくればよかったわ。

今更になって、色々後悔しとります。
    • 0 Comment |
2018年02月17日

逃してばっか。

今日は、日差しは暖かかったですね。
しかし、風が非常に強くてですね。
そのせいか、仕事帰りに乗った電車が

「台車にビニールが絡まった」

とかで、運転を見合わせてしまいましてね。
どれだけ運転再開にかかるかわからなかったのですが、停まった駅が久喜だったので、10分ほど待ったところで東武線に乗り換えてしまいました。
別に振り替えが出ていたわけでもないので、もちろん自腹です。

んで、東急5000系に落ち着いたところでさっきまで乗っていた電車が発車していくというね。
何という、お約束なパティーン。

この腹いせは、春日部でホームのラーメンだな、と思っていたのですが、時間帯の割には思っていたより混んでいたのと、直近のアーハンバーグラインが急行だったので、断念しました。
まぁ、その甲斐あってか、ファミマ10050に乗れたので良しとしますか。

でも、不完全燃焼な感は否めない今日の帰り道でございます。
    • 0 Comment |
2018年02月15日

今更行く初詣。

実は、2018年に入ってからまだ行っていなかったんですよ。
忙しくてなかなか行く機会が…、と言ってしまえば聞こえは良いのでしょうが、だったら遠く長野の善光寺に行かないでイの一番に地元の鎮守様にお参りすべきだったのではないかという話で。
てなわけで、2月にしては暖かかった今日は、チャリンコで大宮の氷川さんにお参りするところから始まります。

しかし、武蔵一宮だからか、平日の昼間とは言え結構な人出だなぁ、と思った次第。
去年授かったお守りを納めて、お参りをして、今年もお守りを授かって。
これでようやっと、2018年を迎えられたかな?

それからは、色々と済ませてしまいたいことを済ませに。
時間的に昼飯時だったので、ラーメンでもすすりましょうと、気になっていたお店に。
とんこつなのですが、昨日の夜も家系=こってり喰ったな、そういや。
実は初の百歩ラーメン。

でも、そこまでガツンとくる感じではございませんでした。
いやー、美味かった。

この後は、大栄橋を東から西に渡り、TOMIXへ。
「アーリースプリングフェア」とかやっていて、一部商品がセールになっておりましたが、特に目ぼしいものはなく。
何も買わずに、その後は銀行とか寄って、夜の餌を買って帰ってきました。
    • 0 Comment |
2018年02月14日

食生活がおかしかったが故。

休みの日だというのに、午前中から19時近くまで宇都宮に居りまして。
しかも、朝も昼も飯を喰うタイミングを完全に逃してしまいました。

宇都宮を出たのが、日も落ちてから。
明日も休みですが、とっとと帰りたいと思ったので新幹線で大宮へ抜けることは既定路線でした。
そこに、Y君が一緒になりまして。

まずは、帰りの新幹線で角ハイの500ml缶を空けました。

んで、大宮で飯でも喰っていくか、という話になったのですが、Y君のナビで入ったラーメン屋でサワーを2杯ほど飲みまして。
あ、もちろんラーメンも喰っておりますが、家系のお店でございまして。

家に着くころには、珍しくグロッキーでした。

ちなみに、新幹線までに摂取したものが
自宅で出かけに飲んだカップ1杯のコーヒー。
ペットボトルのお茶(500ml)1本と、フリスクneo30粒ぐらい。

…空きっ腹に煽っちゃダメですね、やっぱり。
    • 0 Comment |
2018年02月13日

ジンギスカンパーティ。

話自体は去年の暮れからあったのですが、なかなか都合が合いませんで。
そんな中、今日やっと都合が合ったという話でございます。
てなわけで、H先輩のご自宅にお招き頂きました。

流石に手ぶらでお邪魔するのも失礼かと思いまして、行きの大宮駅で手土産を見繕って行きました。
贈り物を考える、というのは結構好きなので、選ぶ時も楽しみながら、ね。

今日のメイン食材は、ジンギスカンでございます。
ジンギスカン。ワシ、何気に好物でございますが、なかなか喰う機会には恵まれません。
なので、事前に予告を受けていましたが今日のこの日をすごく楽しみにしておりました。

夕方から先輩のご自宅で後輩のI君と一緒に3人で。
厳密に言うと、先輩のお子様2人も一緒に、という事になるんですかね?
いやー、非常に美味しゅうございました。
ホント、出先かホームパーティでもないと喰う機会に恵まれないところが、本当に残念でございます。

ちなみに、先輩の奥様が岩手のご出身で、遠野の方でもジンギスカンが有名である、というのは今日初めて知った事です。
今日頂いたのは、北海道の松尾ジンギスカンでしたが。

いやー、喰った美味かった。

22時過ぎにお暇致しましたとさ。
ごちそうさまでした。


そうそう、手土産の話。
今日は、駅ナカのお店で、どら焼きを買って行きました。

が、奥様があんこNGだったということをご自宅に着いてから先輩に聞くというね(ぉ

事前リサーチも必要でございます。
    • 0 Comment |
2018年02月09日

【執筆中】春まだ遠い信濃路へ。最終日。

湯田中はよろずやで目覚めた朝は、いの一番に、昨夜は女湯だった登録有形文化財の桃山風呂へ寝汗を流しに行くわけであります。

さて、楽しみにしておりました桃山風呂なのですが、朝の冷え込みで湯気が濃くてですね。
木造の純和風建築のお風呂の様子は、ほとんどわからなかったというわけであります(ぉ
露天風呂は、さながら庭の池のような感じで。
そこにワシは、池の鯉よろしく浸かるわけですが、あまりの寒さにすぐに出てきてしまいました(お
それから、バイキング形式の朝食を頂きまして。
今朝も、パンに野沢菜は外せませんでした。

チェックアウトを済ませ、昨日は歩いてきた道を、今朝はホテルの送迎車で湯田中駅まで。
長野駅までは、昨夜は「ゆけむり」だったので今日は「スノーモンキー」です。
時間が時間だったので、ほぼほぼ満席で湯田中を発車。
昨日は全く分からなかった車窓ですが、リンゴ畑と雪を頂いた山に囲まれたところを走って来ていたんですね。

以下、鋭意執筆中。

    • 0 Comment |
2018年02月08日

春まだ遠い信濃路へ。2日目。

松本で目覚めた朝でございます。

宿はいつもの東横インですので、朝食を頂きましょう。
ワシ、朝飯はパン派なので、今日もパンをチョイスしたのですが、昨日飲み過ぎたからなのか、ちょっとサッパリしたものを欲しましてね。
だからといって、パンに野沢菜とかミスマッチですよね。
流石にパンに載せてはいませんがね。

食後は部屋で軽くまどろんで、チェックアウトは10時前。

実は、今日は、大糸線で糸魚川に抜けて、日本海ひすいライン→妙高はねうまラインとキラキラネームの路線を乗り継ぎ長野入りをする予定だったのですが、ここのところの大雪で動いているかがわからない、という事で。
出かけに松本駅で聞いてみましたが、予定していたコースを行くことが出来なさそうだったので、直接篠ノ井線で長野に抜けてしまうことにしました。
てなわけで、図らずも振り子式電車から振り子式電車に乗り継ぐことになってしまったわけなんですが。

松本から長野まではしなので1hほど。
混んでいましたが、自由席の窓側に座れました。
しかし、進行方向右側だったため、日が当たってしまいましてね。
ほとんどの客がカーテンを閉めておりましたが、姨捨辺りになるとみんなしてカーテンを開けて車窓に見入るというのは、見ていて面白いなぁ、と。

長野着。
本当ならば、夕方にいるはずの場所に、午前中にはもう着いてしまいました。
今宵の宿までは完全にノープランです。
さーて、どうしようかな…と、とりあえず着替えが入ったカバンを長電の駅構内にあるコインロッカーに預けて、再びJRの駅に戻ってくると、小諸行きの電車が出るというので、飛び乗って。
とりあえず、電車に乗ってから上田で降りることにしました。

115系も、貴重になりましたからねぇ。
堪能しつつ、上田に到着。
この時点で、正午のちょっと前でございます。
ならば、というわけではございませんが、お昼ご飯にしましょう。
これで普通盛りです。
上田と言えば、刀屋です。
長野に来てそば喰わないことには始まらないですよね。
しかし、普通盛りでもこの量です。
大盛りにしていたらば、自爆していたと思います。

ちなみに、急遽思い出したかのように上田でそばを喰っておりますが、当初予定していたコースを行っていれば、晩飯は長野駅ビルの草笛でした(ぉ
こちらも、量は多めのお店でございます。

腹を満たしても、まだ時間は13時前とか。
そのまま長野に戻っても時間を持て余すこと間違いなしだったので、上田電鉄に乗って別所温泉でも浸かってみますかね。
その前に、アリオ上田の無印に寄ってからですが(ぉ
刀屋→アリオの道中、ビルのショウウィンドウに「きたうらこはん」と書かれた駅名標が飾ってあったのは、なんだったんでしょ?
謎です。

無印を巡礼して、上田電鉄の上田駅へ。
別所温泉の往復と、別所温泉駅近くの公共浴場の入湯券がセットになった切符があったので、それを買って東急1000系に乗り込みます。
途中、下之郷の駅に併設された小ぢんまりとした車庫とか、レイアウトで再現したら面白そうだなー、と思いつつ別所温泉駅へ。
そこから、5分ほど歩いたところにあるあいそめの湯へ。
別所の湯を堪能いたしました。

帰りも、行きに乗ってきた東急1000系で上田へ。
ちなみに、日中はさなだどりーむ号と東急1000系で回していたようです。

さて、上田駅に戻ってきました。
そろそろ長野駅に戻りましょう。
と、やってきたのが初代長野色リバイバルでした。

長野駅。
今日の宿は、湯田中に取っていたのですが、1泊朝食のみのプランだったのですよ。
なので、長野駅で晩飯を喰っていくことになるのですが、長野名物をどこで喰おうかという事に難儀しましてね。
まぁ、悩んでいても仕方がない。とりあえず、駅ビルの無印には行きました。
これで、長野県4店舗制覇でございますw

さて、晩飯の問題ですが。
結局、駅ビルの中にあるお店に落ち着きました。
ちなみに、街中に出て郷土料理屋を探すよりは、観光地になっている街の駅に駅ビルがあるならば郷土料理屋ぐらい入っているだろうから、そこで済ませてしまってもいいだろう、という考えもあります。
しかし、なかなか居心地が良くてですね。
お酒もおつまみも進んでしまいました。
長野県長寿食堂、というお店だったのですが、飲み過ぎて健康を害してしまうんじゃないか、というぐらい、お酒が進みましたw

さて、そろそろ今日のお宿へと向かいましょう。
湯田中までは長電で向かいます。
1泊朝食のみプランで予約しているので、チェックインの時間は遅めにしておりました。
が、HiSEゆけむりに乗ることありきで時間を決めていたりします。
というわけで、ゆけむりでございます。
もちろん、展望席を陣取りましたが、暗くて良く分かりませんでした(ぉ

B特急だったので、こまめに停車していきますが、途中駅からも乗車があったのは意外でした。
長野と権堂で乗車があった後は、減っていく一方だと思っていたので。

須坂から先は、初めての乗車です。
暗いながらにもガンガン登っていくことはわかりました。
信州中野が終点だったので、小田急から営団に乗り換えて湯田中へ。
駅前のローソンで寝しなの酒と軽く胃に入れるものを調達して、宿までは歩いて10分もかからないぐらい。
道中、飯を喰えそうな飲み屋もあったので、チェックインしてから散策してみても良かったかもしれませんが、寒い上に坂道の途中雪が残っているところもあったので、千鳥足じゃ危なかったかもです。

今日の宿・よろづやのアネックスの方にチェックインして、一息ついたらまずはお風呂へ。
本館への地下通路を通っていきます。
よろづやと言えば登録有形文化財の桃山風呂が有名ですが、こちらは夜は女湯だという事で。
明日の朝に入れ替わるようなので、朝も入らなきゃですね。

足を伸ばして、本日2湯目。
やっぱり、気持ちがいいものであります。
そして、長野でしこたま飲んでいるのに風呂上りの酒も別格ですw

TV見たりして飲みつつ過ごしておりましたが、心地よい旅の疲れと酔いに誘われ、23時前には寝てしまいましたとさ。
    • 0 Comment |
2018年02月07日

春まだ遠い信濃路へ。1日目。

いつかあなたと行くはずだった、わけではありませんが。
最近、公私ともに色々とイライラすることが多すぎてですね。
気晴らしにふと思い立って出かけてきた、というわけでございます。

てなわけで、方面は長野でございます。
長野という土地は、ワシ的に大好きな場所でございまして。
出来る事なら、移住したいと思っとります。

旅の始まりは、宇都宮から。明けでそのまま出かけます。
湘南新宿ラインの快速のグリーン車に陣取りまして、飲みながらまずは新宿へ。
新宿から、今年のダイヤ改正で引退するE351系に乗る事。
今回の旅は、このことありきだったりします。
そして、松本まで出てからは、完全なるノープランなのもまた事実。
とりあえず、1泊目は松本・2泊目は湯田中の2泊3日。
これだけ決めて出かけております。

新宿からは、14時ちょうどのスーパーあずさ19号で私はあなたから旅立ちます。
この列車、下りの最速列車だという事で、どれだけアグレッシブな走りをするのか、それこそ振り子列特有の乗り物酔いも覚悟していたのですが、非常に快適な2時間26分でした。
飲みながらだったにもかかわらず、快適そのものだったのは、グリーン車に陣取ったからですかね?(ぉ

松本着。
今日の宿は、毎度おなじみ東横インでございます。
まずは、チェックインを済ませるべく電車を降り、改札を抜け、ロータリーへの階段を降ります。

 ニ ヤ ニ ヤ が 止 ま ら ね ぇ 。 

ワシが求めていた長野の光景がありましたね。

 ダ イ ナ ミ ッ ク ス ト ラ イ プ 

勃った。

…失礼いたしました。取り乱しました。

さて、チェックインを済ませまして。
辺りは暗くなってはいたのですが、乗り鉄ならば暗いうちでも出来るという事で、上高地線に乗りましょう。
バスターミナルの窓口で1日乗車券を買い求めてから、松本駅へ。
ちなみに、単純往復=1日券のお値段でございます。

しかし、上高地線。淵東なぎさ推しだなぁ。
そして、ふと思うわけです。
海ナシ県って、海にまつわる地名とかが多いのはなぜ? と。
淵東なぎさの名前のモデルになっている渚駅とか、小海線とか。
今日通ってきた山梨・甲府は、煮アワビが名物だったり。
栃木には黒磯とかね。
でも、群馬にはそういうのないかなぁ? 思いつかねぇな。

新島々を単純に往復しまして。
そういや、島、なんてのも海を連想させますね。

本日3度目の松本駅に戻って来まして、晩ごはんというか晩酌というか。
実は松本名物である桜肉お店である「新三よし」へ。
前にも来たことがあって、その時はコース料理をオーダーして喰いきれない量が出てきた記憶があったので、今日は単品で桜肉の刺身などをオーダーしてやっておりましたが、今日の払いの方が額が多かったという話です。
…あん時に喰ったコース、かなりリーズナブルだったのね。

20時過ぎにお店を出ましたが、店にいる時から気になって調べてみたらば、間に合う事が分かったので酔い覚ましがてらイオンモールまで歩いて行ってきました。
もちろん、目的は無印であることは言うまでもない。

巡礼を済ませて、ホテルまでまたブラブラ歩き。
昔の街並みを再現した商店街を歩いて帰ってきましたとさ。
    • 0 Comment |
2018年01月24日

新都心で散財。

必要な買い物と欲しいものを買いに行くのに、今日の新都心は非常に打ってつけの場所だったのです。
てなわけで、さいたま新都心はcocoonへと行ってきました。

雪さえ積もっていなければ、チャリンコで行くつもりをしていたのですが、雪かきをしていないところも所々あるだろうなと思うと、駅まで出るのは面倒ですが電車に乗っていくのが吉ってなものです。
しかし、その駅まで出るバスが遅れていました。
雪が降った後だからか、道路も混んでおりましたのでね。

さて、新都心でございます。
まずは、ヨドバシへ。
必要な買い物と欲しいものは、実はここにございました。

必要な買い物をした後に欲しいものをお買い物を。

ついに、デジカメをリプレースしました。

今まで使っていたコンデジのズームの応答が悪くなってきたのをだましだまし使っていたのですが、ついに買い替えようかと思いまして。
しかも、これを機にミラーレスデビューとか目論みまして。
一応、自分でもある程度調べては行ったのですが、結局は店員さんにアドバイスをもらいながら。

ポリシーとしては、フイルムカメラを出していたメーカーの製品を選ぶ、というものを持っておりました。
なおかつ、フイルムも出していたメーカーならなお良い、というのを持っていて、だとすれば富士フイルム一択じゃないか? という感じなのですが、今回選んだのは、初めてのCanon製品。
まぁ、フイルムカメラは出していましたけれども、今日の今日まで眼中にないメーカーでございました。
…まぁ、コスパが一番であるところは言うまでもないのですがねw
いや、でも。店員さん曰く、性能もワシの条件に合うものでございました。

ちなみに、最初から選外だったSONYのデジカメですが、コニカミノルタの流れを汲んでいるという事で…という事は、SONYとしてはフイルムカメラもフイルムも出したことはなけれども、前身の会社はどっちも出しているという事に。
こりゃ、今日買ったデジカメをリプレースすることになる時には、SONYも選択肢に入るかもしれません。
これは意外な発見でした。

さて、ヨドバシでのお買い物はこれでおしまい。

その後は、色々と散財をしながら、最終的には紀伊國屋で本を買って帰ってきましたとさ。
    • 0 Comment |